南京都のゴルフショップ、ノムラゴルフの店長ノムラが、上達法、お役立ち情報をガンガン配信中! スウィング診断・フィッティングレポもやってます!日曜祝日定休です。

トップからの切り替えしを工夫する

おはようございます、店長ノムラです。

0875f657e4079c73af180c1e4b362dbc_s_201811300931020dd.jpg


切り返しはゴルフスイングの中で重要なポイントです。

262109f394b16ca35d221a38036ce316_s_2018113009324766a.jpg


多くのゴルファーが切り返しで力んだり、ヘッドの軌道が

オンプレーンを外れたりの原因を作ってしまいがちです。

テークバックは比較的スムーズに上がっても、切り返しから

ボールを打とうとの気持ちが急に高まる傾向があります。

062f139e73b9db324e3ad500e0bdff10_s_201811300933568d8.jpg


切り返しを境にして興奮状態に入り込んで、ついスイング

することを忘れてしまいがちです。

b3405d9aedc86bd9e8ccc08770ebb739_s_201811300934581f4.jpg


それを防ぐために、できるだけ滑らかに切り返すことを

心掛けますとスイングの安定度がグッと向上します。

005462_20181130093547475.jpg


アドレスとインパクトの形は必ずしも同一ではありませんが、

アドレスした時の手の位置をインパクトでも再現するように

しますと、再現性の高いスイングに繋がります。

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s_201811300936304cf.jpg


常に冷静に切り返すように努めることがスイング向上に役立ちそうです。








Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 
[ 2018/12/05 07:32 ] スウィング診断 | TB(0) | CM(0)

前傾姿勢を維持したスイング

おはようございます、店長ノムラです。

497443_20181112093438d3f.jpg


多くのゴルファーのスイングを拝見させていただきましたが、

アドレスで作った前傾姿勢がインパクトまで維持できていない

方が多いようです。

510179_2018111209351011a.jpg


テークバックして、トップに向かって上体が起き上がってきたり、

トップは何とか収まっても、ダウンスイングからインパクトにかけて

上体が起き上がってしまう傾向が多くあります。

512233_201811120935465ac.jpg


世界のトッププロたちは、当然のことながらアドレスで作った

前傾姿勢がフォローまで崩れません。

227536_20181112093640278.jpg



アドレスした時から目とボールの距離を変えないように

スイングしようと意識しますと、前傾姿勢が維持されて

ミート率の高いスイングに繋がります。

ぜひお試しください。




Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 







[ 2018/11/14 07:00 ] スウィング診断 | TB(0) | CM(0)

ダウンスイングでグリップエンドがボールを指す

おはようございます、店長ノムラです。

ecd1cd298cd3f810b4b0b7676ad031bb_s.jpg


アウトサイドインのスイング軌道になっている方のスイングの

特徴があります。

333559_201811021603038ab.jpg


ダウンスイングの中頃で、グリップエンドが自らの左足を指しています。

グリップエンドが左足を指しますと、必然的にクラブヘッドが前方へ

出ていくことになります。

208736_20181102160451c3c.jpg


逆にヘッドが前方へ出ていくから、グリップエンドが左足に向いてしまう

ともいえそうです。

512233_20181102160533c27.jpg


ハーフウエイダウンでグリップエンドがボールを指すようにしますと、

ヘッドが前方へ出ていかなくなり、オンプレーン軌道に乗りやすくなります。

08e52baeea151cd085b852045068e6d2_s_20181102160629594.jpg


ただし、当初はフェースが開いてボールが右へ飛び出すことが

多くなりますので、アドレスでフェースを被せてからグリップするように

しますとプッシュボールが出にくくなります。

a7ae358b240a2bcede6ec7daf4587ec4_s_20181102160815848.jpg


折角オンプレーン軌道にスイングできても、プッシュボールが多発しては

またアウトサイドインのスイング軌道に戻りかねません。

161912_201811021609190f0.jpg


アドレスでフェースを被せるか、フックグリップの度合いを強めておきますと

ボールが右へ出にくくなって、インサイドからインパクトを迎えやすくなります。

17e75056e1367963af48e79c84b9b0c9_s_20181102161236145.jpg


スローなシャドウスイングで、ハーフウエイダウンでグリップエンドが

ボールを指す動きを繰り返して、インサイドインのスイング軌道の

感触を繰り返しつかんでおきたいですね。








Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

[ 2018/11/07 07:33 ] スウィング診断 | TB(0) | CM(0)

手が体の近くを通るインパクト

おはようございます、店長ノムラです。

5bd248a78a186ec0c93edf1fd51242cd_s_201811010829155b8.jpg


数多くのスイングを拝見させていただいておりますが、

ミスショットの多いゴルファーはインパクトで手が体から

離れている傾向があります。

208781_2018110108312731f.jpg


スイングを撮影して、スロー再生してみますと、

アドレスした時の手の位置と、インパクト時の手の位置とが

大きくズレていることがわかります。

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s_20181101083221101.jpg


この手の位置のズレがミスショットの原因の一つでもあります。

手は体から離れますと、動きが不安定になり、パワーも出ません。

227536_20181101083314795.jpg


アドレスした時から、出来るだけ手が体の近くを通ってインパクトを

迎えるように意識します。

b82b83aaf0f2a9d4300fe6afe9d02adb_s_20181101083356664.jpg


その意識を継続するようにしますと、少しづつ手が体の近くを通る

インパクトに近付けそうです。

459626_20181101083450a87.jpg


手が体に近付くことで、体幹と連動したスイングになり、方向性と

パワーを兼ね備えたスイングへの第一歩となりそうです。

アドレスの手の位置と、インパクトでの手の位置を近付けるように

意識したいですね。




Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 








[ 2018/11/05 06:46 ] スウィング診断 | TB(0) | CM(0)

セットアップが間違っていては全てが台無し

おはようございます、店長ノムラです。

136433_20181027074345e4a.jpg


トーナメント会場でトッププロ達の練習風景を見ていますと、

意外なことに気付くことがあります。

IMG_1684_20181027074455146.jpg


方向を示すスティックを二本取り出して、一本はボールを打ち出す

方向を指し、もう一本はスタンスの向きを正確にするために

置いています。

IMG_1598_20181027074609522.jpg


今更トッププロが何と初歩的なことをと思ったりもしますが、

逆にセットアップの重要性を認識している事の証といえそうです。

e5ec53435c43588702bed48d75a7_s_201810270748076a6.jpg


いかにボールをクリーンヒットできたとしても、セットアップが間違っていては

ボールは狙ったところには飛びません。

一般的にはクリーンヒットできることを大きな目標として、セットアップは

二の次にしがちかもしれません。

7f63e516b6b6fdd1bc81b62f4c2edecf_s_20181027074917d77.jpg


ところが、クリーンヒットできる確率の高いゴルファーにとっては

ボールが狙ったところへキャリーすることが大切です。

2240320ac14049438f1df1d39e71b98b_s_20181027075052fb1.jpg


また、セットアップが不正確ではボールの位置も不安定で、

クリーンヒットする確率も低下する原因となります。

ea09781f4463b0227fb21969f6569a13_s_20181027075158c92.jpg


方向を指し示すためのスティックを活用することで

基本的なゴルフ上達が早まる可能性が高まりそうですね。



Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 









[ 2018/10/29 06:41 ] スウィング診断 | TB(0) | CM(0)

アームロック式パッテイングでパット改善

おはようございます、店長ノムラです。

2240320ac14049438f1df1d39e71b98b_s_201809290744014e5.jpg


パッティングに悩むゴルファーはプロゴルファーといえども

少なくはなさそうですね。

プロゴルファーであればこそ一打の大切さが身に染みる

ということでしょうか。

368738_201809290745405ef.jpg


パッティングに不安を覚える原因の一つに、手が思うように動かない

という経験があるのかもしれません。

f8e0795173779770d9bf031d56e8f342_s_201809290746530cc.jpg


打たなければいけないし、打ちすぎてもいけない。

1mのパットを2mもオーバーさせてしまっては、自分で自分を

信じられなくなり、ますますパッティングへの不安が募ります。

368737_201809290748073a7.jpg


そんな不安を少しでも軽減させてくれたのがロングパターでした。

しかし、ルール改正でアンカリングの禁止となり、体に固定させた

打ち方ができなくなってしまいました。

630bda274800deb63fed4f806317e682_s_20180929074928f33.jpg


プロゴルファーでロングパターの使用者は少なくはありませんでしたが、

アンカリングの禁止によって不調に陥った選手もあったようです。

bde742c89b6e86468fe7f40e15c0c2d4_s_2018092907503721b.jpg


そんな状況の中から、アームロッキング式のパッティングスタイルが

考案されて復活優勝を上げる選手も現れてきました。

アームロッキング式のパッティングとは、中尺パターのグリップエンドが

左肘の関節近くにくるように持ち、左腕に固定するようにします。

18c2f6950a5c99007b7602fedef8ad54_s_20180929075144fef.jpg


少しハンドファースト気味にしますと左腕に固定しやすくなります。

左腕への固定がアンカリングと同じような効果を生むようです。

それによってヘッドが安定して方向性への不安が軽減し、右手で

距離感だけのストロークに集中できそうです。

208744_20180929075304339.jpg


右手と申しましたが、できれば両肩の動きを主体にストロークして、

右手は微妙な距離感を受け持つようにすればいかがでしょうか。

物置にある中尺パターを取り出してきて試してみるのも面白そうですね。

探せば中尺パターもありそうです。

使い方も含めて当店にご相談ください。


Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 
















[ 2018/10/01 07:27 ] スウィング診断 | TB(0) | CM(0)

トップでループを描きながらダウンスイングへ

おはようございます、店長ノムラです。

17e75056e1367963af48e79c84b9b0c9_s_201809250803178aa.jpg



トップでループを描きながらダウンスイングに入るトッププロでは

池田 勇太 選手が先ず思い浮かぶでしょうか。

763d90539cab30980b9a173d16e4bd37_s_20180925080448072.jpg


テークバックで上げた軌道より内側の軌道を通して切り返すことで

インサイドからボールにインパクトします。

208736_20180925080555abf.jpg


しかし一般的にはその逆で、インサイドにテークバックして、

上げた軌道より外側の軌道を通ってダウンスイングに入るゴルファーが

多いようです。

3fd7925e3031aafa80dc4f21686d12ed_s_20180925080640b0d.jpg


それではアウトサイドからボールを捉えることになりますので

スライスボールの原因となり、飛距離もロスします。

459626_2018092508073205a.jpg


インサイドインのオンプレーンスイングを実現するために、

池田選手のようにトップでループを描きながら切り返して

ダウンスイングに入る練習を繰り返すのも効果的ではないでしょうか。

時々は自らのスイングを撮影しながらスイング軌道をチェックする

ことも忘れたくありませんね。

IMG_1669_20180925080849e5a.jpg


当店の「目からウロコのスイング診断」でスイングチェックができます。

お気軽にご利用ください。







Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 



[ 2018/09/28 07:38 ] スウィング診断 | TB(0) | CM(0)

手を体に引き付けたスイング

おはようございます、店長ノムラです。

sports_golf_yips_2018091709022520e.png


多くのゴルファーはトップからダウンスイングにかけて

ボールを叩こうとしておられるでしょうか。

134349_201809170904500d6.jpg


クラブヘッドでボールを叩こうとしますと、必然的に手も

ボールに向かって動きます。

その結果手が体から離れたインパクトを迎えることとなります。

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s_201809170906461f4.jpg


手が体から離れたインパクトではスイング軌道のバラツキが

多くなります。

また、手が体から離れますと体のパワーが伝わりにくくなりますので

飛距離もダウンします。

227536_20180917090740c49.jpg


アドレスした時の手の位置を意識しておいて、できるだけその位置で

インパクトするようにしますと、次第に手が体の近くを通るスイングに

近付きます。

192687_20180917090942f01.jpg


脇を締めて、体幹と腕や手が連動した安定感のあるスイングを

目指したいですね。






Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 



[ 2018/09/21 07:12 ] スウィング診断 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

店長ノムラ

Author:店長ノムラ
いらっしゃいませ!

大変寒い季節になりました。
寒い日のゴルフは辛いものがありますね。
寒さ対策を万全にし、ゴルフを
楽しみたいものですね。

誠に勝手ながら、日曜・祝日を定休日とさせて頂いております。

皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、スウィング診断をはじめ、更なるサービス向上に努めてまいります。
どうぞ変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


新規カテゴリ、「クラブのレビュー2018」を追加しました。
EPON、BALDOなど人気のラインナップをはじめとするインプレッションを行っております。

主要ブランド別記事は、画面右側の「Nomuragolfおすすめブランド記事」からどうぞ!

引き続き、皆さまのクラブ選びのお供となれますように。
お試しになりたいクラブがございましたら、いつでもお越しくださいね。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QR
ノムラゴルフのスウィング診断
    ノムラゴルフのHP特設ページへへ

    リンク先では、ノムラゴルフの「目からウロコのスウィング診断・フィッティング」御利用の流れがご覧いただけます。
主な取り扱いシャフト一覧