南京都のゴルフショップ、ノムラゴルフの店長ノムラが、上達法、お役立ち情報をガンガン配信中! スウィング診断・フィッティングレポもやってます!日曜祝日定休です。

両肘を離さずにスイング

おはようございます、店長ノムラです。

005e463a4fa1996583362c5ff6c2a78f_l_201910020659269c7.jpg


体幹を主体としたスイングはどうすればできるでしょうか。

漠然と体幹を使ったスイングをイメージしても具体性がありません。

7eff9f69e7e861bc7b19a305b504af65_s_2019100207002168e.jpg


アドレスした時の両肘が、テークバックしてトップから切り返すときに

間隔が変化する傾向があります。

17e75056e1367963af48e79c84b9b0c9_s_2019100207011322b.jpg


手で打とうとしますと両肘の間隔が離れてしまいます。

161912_20191002070235d01.jpg


常に両肘の間隔を一定にするように意識してスイングしますと、

体幹を主体としたスイングに一歩近づくことになります。

具体的なイメージを持つことがスイング作りに役立ちそうです。






Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

切り返してから急加速しないスイング

おはようございます、店長ノムラです。

sports_golf_yips_201909270702060bf.png


力みはスイングに悪影響を及ぼします。

特にトップからの切り返しで力みが入りやすいようです。

1133274_201909270703041e0.jpg


比較的に穏やかなテークバックから、ダウンスイングに

入ろうとするときに、ボールを打つとのスイッチが入るのでしょうか。

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s_20190927070351bbd.jpg


スイングを全体で捉えて、ボールがあろうがなかろうが、

スイングすることを意識したいですね。

18c2f6950a5c99007b7602fedef8ad54_s_201909270704264f6.jpg


とはいうものの、いざボールを目の前にしますとつい叩きたく

なってしまうのがゴルファーかもしれません。

136433_2019092707052963c.jpg


そんな時トップから切り返して急加速するのではなく、

緩やかに加速する意識を持ちますと、スイングに滑らかさが

生まれます。

208744_20190927070629f55.jpg


フルショットばかりではなく、アプローチ、パッティングまで

切り返してからの緩やかな加速を心がけますと、スイングに

余裕が生まれ、自信が高まります。

ぜひお試しください。





Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

インパクトで右肩を下げない

おはようございます、店長ノムラです。

a7ae358b240a2bcede6ec7daf4587ec4_s_20190925065021218.jpg


ゴルフにダフリは付き物でしょうが、放置しておくわけにも参りません。

2240320ac14049438f1df1d39e71b98b_s_20190925065114044.jpg


折角のロングドライブもセカンドのショートアイアンでガホッと

やっていては泣くに泣けません。

0875f657e4079c73af180c1e4b362dbc_s_2019092506521420d.jpg


インパクトに向けて早いタイミングで右肩が下がりますと

ダフリやすくなります。

d447661ef416099a6c7848a9c4fe7c71_s_20190925065307e9f.jpg


アドレスした時には右手が左手の下に位置しますので、

少し右肩が下がりますが、それより下がらないように意識しますと

ダフリが減少します。

386680_20190925065526080.jpg


ダフリの原因がわかればそれを回避することはできそうですね。






Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

ミスの少ないアプローチ

おはようございます、店長ノムラです。

95d1333aa4ffab475df8e26d39828dc8_s_20190923170200d5f.jpg


短い距離のアプローチでザックリをやらかしてしまいますと、

後々尾を引くことがあります。

e617086398a93e9b2a3aedbb31554bbd_s_20190923170254379.jpg


ザックリを警戒するあまり、次はカツンとトップになってしまい、

それがきっかけで大たたきになることもあります。

319541_2019092317041133d.jpg


ザックリとはリーディングエッジがボールの手前に突き刺さる

現象です。

136433_20190923170504ca5.jpg


リーディングエッジが突き刺さらないようにすれば、ザックリの

多くは防げそうです。

そのためにはウエッジのバウンスを使うようにします。

a4de4a063b40fdd7d43e96de9441a7f4_s_201909231706084a4.jpg


具体的には、アドレスでハンドファーストをできるだけ小さくするか、

もしくは、ハンドファースト無しでアドレスします。

4c14aaa1516aed5dd74e85c32e34fb0f_s_20190923170640235.jpg


そして、フェースを少し開くようにしますと、リーディングエッジが

少し浮き上がってバウンスがヘッドの一番底になります。

459626_20190923170717e51.jpg


バウンスはボールの手前から入っても芝の上を滑って

突き刺さらない役割を果たします。

80cec81c1f990c7df8bb340853f3015b_s_20190923170801271.jpg


そのため、ヘッドを少し手前からダフらせながらアプローチしても

大きなダフリにはなりません。

リーディングエッジをボールのスレスレへ入れるのは簡単ではありません。

バウンスを使ってヘッドを少し手前から滑らすようにアプローチしますと、

失敗が少なくなり、アプローチに自信ができてきます。

失敗の少ないアプローチはここ一番で強い味方になります。

ぜひお試しください。



Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 







インパクトの瞬間を見ようとする

おはようございます、店長ノムラです。

497443_20190919071426cf3.jpg


スイングしてボールの行方が気になるのがゴルフではあります。

b9399b345b484ba9b635e1ee8e5b7b64_s_20190919071514cfa.jpg


しかし、ヘッドアップが大きければミート率が下がってしまいます。

de88cccba552231c75a0eb28ec68a6ea_s_201909190716182af.jpg


インパクトでヘッドがボールに激突する瞬間を見ようとしますと

頭の位置が安定してミート率が向上します。

0875f657e4079c73af180c1e4b362dbc_s_20190919071722e9b.jpg


ヘッドがボールに当たる瞬間は見えませんが、見ようとすることが

大切です。

常に一定の形を心がけることがスイングの安定に繋がりそうです。





Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

レイドオフを試してみる

おはようございます、店長ノムラです。

658f620dc26982d288484e7023f23057_s_201909090714307d4.jpg


トップでシャフトクロスになるゴルファーは多いでしょうか。

9d449d2cf552854d15999d9a147163d0_s_20190909071527477.jpg


トップでシャフトクロスになりますとオンプレーン軌道を

外れることとなり、ダウンスイングでオンプレーン軌道へ

戻すという難しい動きが必要となってしまいます。

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s_20190909071721cff.jpg


そのためスイングの再現性が低くなって、安定したショットの

確率が下がってしまいます。

17e75056e1367963af48e79c84b9b0c9_s_201909090718140aa.jpg


シャフトクロスを修正するためにはレイドオフを意識すべきでしょうか。

トップで右手の甲を地面に向けるようにしますと、右ひじが浮き上がらず、

ダウンスイングへスムーズに入っていけます。

安定したインパクトのためにもトップの位置を意識して

改善したいですね。





Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 




フェースローテーションを考える

おはようございます、店長ノムラです。

IMG_2059_20190903080451a80.jpg


体の一番近くにボールをセットするパターでもフェースの

開閉を使ってストロークします。

ごく短い距離ではフェースの開閉なしにストロークできますが、

ロングパットではフェースローテーションが必要となります。

IMG_1931_20190903080532591.jpg


ボールまでの距離が長くなるドライバーではフェースローテーション

無しにスイングはできません。

227536_20190903080621323.jpg


そのため、フェースローテーションを意識したスイングを心掛ければ

ゴルフ上達に繋がります。

勿論、過剰なフェースの開閉は論外ですが。

63df059c1c8049872b858ac27807b2bc_s_20190903080928e3b.jpg


多くのゴルファーがアドレスでフェースを目標へセットします。

そして、テークバックから切り返してダウンスイングに入り、

インパクトに至りますと、フェースをターゲットに向けたままを

維持しようとする傾向があるでしょうか。

3fd7925e3031aafa80dc4f21686d12ed_s_20190903081022516.jpg


それではボールは右へ飛び出します。

459626_201909030811261c6.jpg


テークバックで開きながら上げたフェースはインパクトの少し前から

閉じる動きが必要です。

この開いたフェースを閉じる動きを繰り返すことでフェースローテーションの

タイミングを掴みたいですね。

スイングは一直線ではなく、インサイドインの楕円軌道であることを

意識したいですね。






Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

フックボールを打つ練習

おはようございます、店長ノムラです。

3fd7925e3031aafa80dc4f21686d12ed_s_201908280854106f4.jpg


アベレージゴルファーの多くがアウトサイドインのスイング軌道で、

スライスボールが出て飛距離をロスしておられるでしょうか。

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s_201908280855564ea.jpg


アウトサイドからボールを捉えることを修正しなければ

スライスボールは直りません。

368737_20190828085749f5f.jpg


インサイドからボールを捉える意識での練習が必要です。

具体的には、少し右へ飛び出して左へ帰ってくるフック系の

球筋になるように練習するのが効果的です。

810fa1a0e126a0e5bf18f40623768809_s_20190828085827195.jpg


当初は右へ飛び出してもそのままで、左へは帰ってこない

時期が続くかもしれませんが、フックグリップを強めたりしているうちに

フック系の球筋になればしめたものです。

フックが強くなれば、フックグリップを修正して曲がり幅が小さく

なるように調整します。

golf_settai_20190828090008744.png


スライスボールがドローボールに変わるだけでゴルフが変わります。

ぜひお試しください。





Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 



プロフィール

店長ノムラ

Author:店長ノムラ
いらっしゃいませ!

大変寒い季節になりました。
寒い日のゴルフは辛いものがありますね。
寒さ対策を万全にし、ゴルフを
楽しみたいものですね。

誠に勝手ながら、日曜・祝日を定休日とさせて頂いております。

皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、スウィング診断をはじめ、更なるサービス向上に努めてまいります。
どうぞ変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


新規カテゴリ、「クラブのレビュー2018」を追加しました。
EPON、BALDOなど人気のラインナップをはじめとするインプレッションを行っております。

主要ブランド別記事は、画面右側の「Nomuragolfおすすめブランド記事」からどうぞ!

引き続き、皆さまのクラブ選びのお供となれますように。
お試しになりたいクラブがございましたら、いつでもお越しくださいね。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
ノムラゴルフのスウィング診断
    ノムラゴルフのHP特設ページへへ

    リンク先では、ノムラゴルフの「目からウロコのスウィング診断・フィッティング」御利用の流れがご覧いただけます。
主な取り扱いシャフト一覧