南京都のゴルフショップ、ノムラゴルフの店長ノムラが、上達法、お役立ち情報をガンガン配信中! スウィング診断・フィッティングレポもやってます!日曜祝日定休です。

アプローチでダフらないために

おはようございます、店長ノムラです。

95d1333aa4ffab475df8e26d39828dc8_s_20180420074356621.jpg


イージーなアプローチをザックリしてグリーンにさえオンしなかったとき、

本当にガックリしますね。

d447661ef416099a6c7848a9c4fe7c71_s_20180420074454365.jpg


小さな動きですむアプローチはどうしても手先で行いがちです。

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s_201804200745293c4.jpg


しかし、手はプレッシャーを感じやすく、ダフッたらあかんなーとか思いますと

スムーズな動きがむつかしくなったりします。

アドレスした時の右手の角度が変わるとダフリやトップにつながります。

5bd248a78a186ec0c93edf1fd51242cd_s_20180420074632473.jpg


アドレスした時の右手の角度をスイング中変えないでストロークしますと

ヘッドの動きが安定します。

ca04a31470f09905126307f610ce3cea_s_20180420074819245.jpg


右手首をロックしたままで、両肘をお腹に引き付けた状態のままで、

胸が少し右向いてテークバック、左向いてダウンスイングからインパクト、

フォローというようにスイングしますと大きなミスが減ってきます。

golf_green_201804200750399f4.png


右手首をロックして、体幹を主体としたアプローチですと安定した

アプローチでスコアアップに抜群の効果があります。








Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

リッキー ファウラーのスイング

おはようございます、店長ノムラです。

18c2f6950a5c99007b7602fedef8ad54_s_20180412092028779.jpg


今年のマスターズトーナメントで一打差の二位と、優勝まであと一歩だった

リッキー ファウラー選手はお祖父さんが日本人だそうですね。

098361_20180412092129006.jpg


小柄ながら切れのあるショットと絶妙なアプローチ、パットで世界ランクで

常に上位にいるトッププロです。

彼のスイングはトップから切り返してすぐにシャフトが倒れて、

一旦オンプレーン軌道を外れますが、インパクト直前からオンプレーンに

戻ってインパクトを迎えます。

208781_201804120922087f0.jpg


この切り返し直後にシャフトを倒す動きが注目されています。

335665_20180412092316593.jpg


リッキー ファウラー選手のシャフトを倒す動きは少し大きいようですが、

よく見れば大なり小なりトップからの切り返し直後にシャフトを倒しながら

ダウンスイングしているのが世界のトッププロの動きです。

figure_ningenkankei_fukuzatsu_20180412092413dab.png


かつてはダウンスイングでシャフトを立てるとのレッスンがあったりしましたが、

そのために多くのアベレージゴルファーがアウトサイドインのスイング軌道に

陥ってしまった一因になったかもしれません。

d447661ef416099a6c7848a9c4fe7c71_s_201804120924581d7.jpg


気を付けなければならないのは、シャフトを倒しながらダウンスイングに入りますと、

インパクトでフェースが開きやすくなりますので、当初は強いフックグリップに

するなどして、フェースの開きを抑える必要があります。

386680_20180412092535119.jpg


そのような対応をとりながら練習を続けますと次第にボールの掴まりが

よくなってきて、やがてフック系のボールが出始めるとしめたものです。

やがて、インサイドインのオンプレーンスイングを我が物にしたいですね。
Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 













トップから切り返すときのシャフトの倒れ

おはようございます、店長ノムラです。

005e463a4fa1996583362c5ff6c2a78f_l_2018041107010306b.jpg


いまだにダウンスイングでシャフトを立てるというレッスンがあります。

208736_20180411070207dcf.jpg


ダウンスイングでシャフトを立てますと当然のことながらヘッドが

ボールの方へ出て行ってオンプレーン軌道から外れてしまいます。

e207906e7f4dabb871b7c52f2d535d9e_s_20180411070308f60.jpg


少し前のマスターズトーナメントで活躍した選手たちのスイングを

見ていましても、トップから切り返すときにシャフトを立てる動きをする

ことはなく、むしろ逆にシャフトを倒しながらダウンをスタートさせています。

17e75056e1367963af48e79c84b9b0c9_s_20180411070415edd.jpg


昨年からスイング改造に取り組んで、地方大会ながら今年すでに

二勝をあげて結果を出している石川 遼選手もトップからの

切り返しをシャフトを倒しながらスタートさせています。

459626_20180411070502bb1.jpg


それによってインパクト周辺で手が浮き上がることがなく、スッと手が

下りるようになってシャローなインパクトの回数が増えてきたそうです。

80cec81c1f990c7df8bb340853f3015b_s_20180411070556079.jpg


トップから切り返すときに、今までのようにシャフトを立てようとするのではなく

少し倒しながらダウンスイングに入る練習を試してみる値打ちがありそうです。

それも、当初は違和感があるでしょうが、粘り強い練習がスイングの

レベルアップにつながりそうです。






Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

オンプレーン軌道を考える

おはようございます、店長ノムラです。



015159_20180328123717520.jpg



ドライバーとウエッジでは約10インチの長さの差があります。

005462_20180328123815521.jpg


当然のことながらアドレスした時のボールまでの距離も異なってきます。

ボールまでの距離が異なれば、スイング軌道も違ってきます。

0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s_20180328123917e5c.jpg


ショートアイアンはアップライトに、ドライバーではそれよりフラットな

スイング軌道になります。

208736_20180328124033123.jpg


数多くのスイング診断の中で、多くのゴルファーがダウンスイングで

クラブヘッドがアウトサイドから下りてくる現象が見られました。

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s_20180328124151df1.jpg


ダウンスイングでヘッドをボールに向かって動かすためにシャフトが立って、

その結果アウトサイドからボールを捉えることになります。

7eff9f69e7e861bc7b19a305b504af65_s_201803281243133ca.jpg


アドレスした時のシャフトの倒れ角度がオンプレーンスイングの軌道の

下辺で、ボールからゴルファーの肩口まで伸ばした直線が上辺と考え、

その上辺と下辺の間がオンプレーン軌道のゾーンとなります。

ダウンスイングでシャフトを大きく立ててしまいますと上辺のラインを

越えてアウトサイドからのスイング軌道になってしまいます。

アドレスした時のシャフトの倒れ角度をなぞるようにテークバック

しているトッププロもおられます。

136433_2018032812454078c.jpg


しかし、ダウンスイングでもシャフトの倒れ角度をキープしながら

インパクトしています。

中にはテークバックをアウトサイドに上げて、トップでループを

描きながらダウンスイングに入るトッププロもおられますが、

世界のトッププロを見ますと大きなループを描く選手はほとんど

見当たりません。

459626_20180328124630cfd.jpg


テークバックの軌道よりもほんの少しインサイドから下ろしてくる

オンプレーン軌道が圧倒的に多いようです。

こうして見ますとテークバックの軌道よりダウンスイングの軌道の方が

ほんの少しでもフラットにクラブを下ろしてきていることになります。

512233_201803281247288f9.jpg


ダウンスイングでシャフトを立てるのではなく、ほんの少しでも寝かせながら

ダウンスイングしているのが世界のトッププロに共通している点でしょうか。

ダウンスイングでシャフトを立てるという意識を見直すこともありでしょうね。




Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。











 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 













クラブヘッドを背中に残してダウンスイング

 おはようございます、店長ノムラです。

512233_20180317071428b09.jpg


世界のトッププロは共通してダウンスイングでの「タメ」が見事ですね。

IMG_1931_201803170717110dd.jpg


それに対してアベレージゴルファーの多くは、振り遅れまいとしてか

ダウンスイングでクラブヘッドから下ろそうとする傾向があります。

658f620dc26982d288484e7023f23057_s_20180317071809fc0.jpg


ダウンスイングをスタートするときは、クラブヘッドをできるだけ

背中に残すようにしますと「タメ」ができるようになります。

497443_2018031707290756d.jpg


しかしクラブヘッドを背中に残してダウンスイングしますと振り遅れます。

振り遅れてしまわないように、クラブヘッドからダウンスイングを始めてしまう

元のスイングに逆戻りしてしまうのが常でしょうか。

368738_2018031707303837b.jpg


それではいつまでたっても「タメ」のきいたスイングにはなりません。

b85252ec51fe6652f77854c073722ebb_s_201803170732114cb.jpg


振り遅れを防止するために、思い切りフックグリップにして、クラブヘッドを

背中に残すようにスイングしますと、やがてタイミングが合ってきて

ストレートからフックボールになってきたらしめたものです。

488275_20180317073358e72.jpg


やがてフックボールが多くなってくれば、グリップをスクエアに近づけて

様子を見ればいかがでしょうか。

「タメ」のきいたスイングで切れの良いボールを打てるようになりますと

ゴルフの楽しみが倍増するかもしれませんね。





Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 





一連の流れに乗ってスイングする

おはようございます、店長ノムラです。

505578_201803140711376c0.jpg


トッププロはいつも同じタイミングでスイングしているように見えますね。

sports_golf_yips_20180314071214c9b.png


それに対してアベレージゴルファーの多くは、プレッシャーのかかる場面

などでは、いつもよりアドレスの時間が長くなったりして、本人の不安感が

見て取れたりするときがあります。

005462_20180314071335733.jpg


アドレスからスイングをスタートさせるタイミングを考えてみますと、

多くのゴルファーはアドレスで一旦静止してしまわれるでしょうか。

静止してしまったものを動かすのには余計な力が必要になる場合があります。

5da73fe5d32e9ff5f7d1f77a051b8456_s_20180314071419e88.jpg


アドレスからスイングの始動まで、またスイングの完成までを一連の

流れとしてとらえればいかがでしょうか。

8aea8bdc9a48467425c7540bfeb53aeb_s_20180314071500a36.jpg


例えばティーグラウンドでボールをティーアップして、ボールの後方に立ち、

狙うべきターゲットを決めてからアドレスに入ります。

アドレスに入ってから目標をもう一度確認して、ボールに目を戻し、

手なり右膝を軽く前方へ動かすフォーワードプレスの動きを入れてから

テークバックをスタートさせる。

488275_20180314071651041.jpg


このように長く静止する時間を作らずに、一連の流れに乗ってスイングを

始めますと、徐々に安定したプレーになりそうです。

この動きはフルショットばかりではなく、アプローチからパッティングにまで

有効ではないでしょうか。

e5899d6453a73593280f34f06f61d508_s_20180314071807249.jpg


一連の流れに乗るラウンドを練習の時から考えてみたいですね。





Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

アドレスした時の目とボールとの距離を変えないでスイング

おはようございます、店長ノムラです。

512233_20180311081931092.jpg


トッププロのスイングを見ていますと、当然のことながらスイング中,頭の位置が

安定しています。

スイング中,頭の位置が上下しますと、トップやダフリなどのミスが出やすくなります。

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s_20180311082140b3a.jpg


アベレージゴルファーの多くは、インパクトでアドレスの時の前傾姿勢が

崩れて、起き上がっている傾向があります。

511510_20180311082329985.jpg


インパクトで起き上がりますと、ヘッドがボールに届きにくくなり

トップが多発します。

それをカバーするために腕を伸ばしてインパクトしてしまいます。

sports_golf_yips_20180311082410694.png


その結果、腕や手に頼った再現性の低いスイングにならざるを得ません。

腕や手の調整でボールを打つ練習ではゴルフ上達は難しそうです。

136433_20180311082557278.jpg


アドレスでの前傾姿勢をキープするために、目とボールとの間の距離を

変えないように意識してスイングすればいかがでしょうか。

161912_201803110829135ac.jpg


勿論、腕や手ではなく体幹を主体としてスイングすることを

心がけたいですね。



Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 





ダウンスイングで手がボールに向かわないように

おはようございます、店長ノムラです。

5bd248a78a186ec0c93edf1fd51242cd_s_20180309072302b19.jpg


ゴルフスイングの上達を妨げる原因の一つに、ダウンスイングで

手がボールに向かって動くというのがあるでしょうか。

アドレスして前方にあるボールを打とうとしますと、自然に手が

前方へ出ていきやすくなります。

208736_201803090724432ea.jpg


手が前方へ出ていきますとクラブヘッドも前へ出ますので、

オンプレーン軌道から外れてアウトサイドからボールに

コンタクトすることになります。

17e75056e1367963af48e79c84b9b0c9_s_20180309072536ed3.jpg


多くのゴルファーにみられるアウトサイドインのスイング軌道の原因が

ダウンスイングで手が前方へ出てしまうことにありそうです。

459626_201803090726140a0.jpg


トップの位置から切り返すときに手が前方へ出ないように気を付けて、

真下に、できるだけ体の近くを手が通るように意識します。

368737_20180309072713f39.jpg


常に手が体の近くを通るように、手を伸ばすのではなく引き付けるように

ダウンスイングすればいかがでしょうか。

512233_20180309072750617.jpg


右手を伸ばすのはインパクト後で、しかも目標よりも左へ振り抜くように

したいですね。

最終的にはインサイドインのオンプレーン軌道を目指したいものです。



Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 





プロフィール

店長ノムラ

Author:店長ノムラ
いらっしゃいませ!

大変寒い季節になりました。
寒い日のゴルフは辛いものがありますね。
寒さ対策を万全にし、ゴルフを
楽しみたいものですね。

誠に勝手ながら、日曜・祝日を定休日とさせて頂いております。

皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、スウィング診断をはじめ、更なるサービス向上に努めてまいります。
どうぞ変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


新規カテゴリ、「クラブのレビュー2018」を追加しました。
EPON、BALDOなど人気のラインナップをはじめとするインプレッションを行っております。

主要ブランド別記事は、画面右側の「Nomuragolfおすすめブランド記事」からどうぞ!

引き続き、皆さまのクラブ選びのお供となれますように。
お試しになりたいクラブがございましたら、いつでもお越しくださいね。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRコード
QR
ノムラゴルフのスウィング診断
    ノムラゴルフのHP特設ページへへ

    リンク先では、ノムラゴルフの「目からウロコのスウィング診断・フィッティング」御利用の流れがご覧いただけます。
主な取り扱いシャフト一覧