南京都のゴルフショップ、ノムラゴルフの店長ノムラが、上達法、お役立ち情報をガンガン配信中! スウィング診断・フィッティングレポもやってます!日曜祝日定休です。

ダウンスイングで手が前へ出るからスライスになる

おはようございます、店長ノムラです。

368738_201904230850067e2.jpg


ゴルファーの多くはスライスで飛距離をロスしておられるでしょうか。

スライスボールの原因はアウトサイドインのスイング軌道にあります。

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s_201904230851299be.jpg


ではどうしてアウトサイドインのスイング軌道になるのでしょうか。

アドレスしてボールを前にしますと、人間本能的に

ボールを打とうとします。

d447661ef416099a6c7848a9c4fe7c71_s_2019042308522424e.jpg


しかも一番頼りになる手でクラブを握っているのですから、

手を主体にしてクラブを操作しようとします。

208800_20190423085434a21.jpg


前方にあるボールを打とうとしますと、手も前方へ向かいます。

手が前方へ出ていけばクラブヘッドも同じように前へと動きます。

17e75056e1367963af48e79c84b9b0c9_s_201904230856383ef.jpg


しかも体の回転に伴う遠心力でクラブヘッドは更に前方へ

振られてしまいます。

208736_20190423085855949.jpg


その結果ヘッドがボールよりも外へ出て、外側からボールを

捉えざるを得ません。

この一連の動きがアウトサイドインのスイング軌道の原因でしょうか。

次回はこれらの対処法を考えてみたいと思います。








Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

左右の腰の位置でのシャフトの立ち角度を考える

おはようございます、店長ノムラです。

386680_20190415085642c27.jpg


ショットを安定させるにはスイングを安定させなければなりません。

golf_settai_201904150857189d1.png


そのためにはトップとフィニッシュがピタッと決まることでしょうか。

トップとフィニッシュを決めるためには、左右の腰の位置での

シャフトの角度を考えてみたいですね。

658f620dc26982d288484e7023f23057_s_20190415085827b75.jpg


ハーフウエイダウンでシャフトが垂直に立ちますと、ヘッドが

アウトサイドから下りてくる可能性が高まります。

2a6b2193d9fcbd18a23945c5a3a8a9a9_s_20190415085930715.jpg


逆に後方へシャフトが倒れすぎますと、インサイドから

インパクトする度合いが高まります。

136433_2019041509012466c.jpg


左腰の位置でのシャフトの倒れも重要です。

左へ倒れすぎますとヒッカケ、逆に少し右へ倒れたままでは

プッシュになります。

161912_20190415090224b99.jpg


飛球線に対して、少しインサイドからインパクトして、少しインサイドへ

抜けていくインサイドインのスイング軌道を意識したいですね。

そのために適当な左右の腰の位置でのシャフトの倒れ具合を

スローなシャドウスイングで試してみればいかがでしょうか。

459626_201904150905324cb.jpg


左右の腰の位置でのシャフトの倒れを同じ程度にそろえる

ように意識したいですね。

ただ漠然とボールを打つばかりではなく、具体的にスイング軌道を

試行錯誤しながらの練習も必要ではないでしょうか。







Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 



原点に戻る

おはようございます、店長ノムラです。

12e6f042b52cdd976811b6900e8cdd01_s_201904090849074e6.jpg


ゴルフの調子には波がありますね。

好調なラウンドも長くは続かずに、ズルズルと不調の淵に飲み込まれます。

515c1798e675d5a3662f0de0b73fe5eb_s_2019040908504172a.jpg


トッププロでも好不調があるようですから、それも致し方のない

事かも知れません。

a7ae358b240a2bcede6ec7daf4587ec4_s_20190409085119cbd.jpg


一般的には、当たりが悪くなれば当てようとの心理が働きます。

ちゃんと当てたいと思う心がスイングの妨げともなりかねません。

当てようとするのではなく、スイングするという原点へ立ち返りたい

ですね。

f1572de70be1cdcc34795b4ad60272f7_s_20190409085202329.jpg


普段から素振りを習慣として、できるだけ毎日継続しますと

スイングするということが自然に身に付きそうですが、

コースでボールを目の前にしますと、真っすぐ飛ばしたいとか

様々なことが頭をよぎります。

319541_2019040908530108a.jpg


そのためか、普段の素振りとは似ても似つかないような

スイングになることが往々にしてあります。

e5899d6453a73593280f34f06f61d508_s_201904090853374aa.jpg


練習場でもスイングすることを忘れずに練習することで

コースでも普段通りのスイングに近づけるでしょうか。

当たりが悪くなれば、ティーグラウンドで少し素振りをして

そのイメージが残っているうちにティーショットに臨めば

よいかもしれません。

368866_201904090854514cc.jpg


とにかく、当てに行くのではなくスイングしたいですね。








Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

トップから切り返して,手を真下へ下すスイング

おはようございます、店長ノムラです。

5bd248a78a186ec0c93edf1fd51242cd_s_2019040108273482a.jpg


多くのゴルファーはトップから切り返して、手が前方へ出ていく

傾向があります。

17e75056e1367963af48e79c84b9b0c9_s_201904010828534f0.jpg


前方にあるボールを打とうとして手も前方へ出ていくことと、

体の回転によって手が前方へ振られてしまうことが

原因でしょうか。

手が前方へ出ていけばスイングが不安定になります。

d447661ef416099a6c7848a9c4fe7c71_s_20190401082938d96.jpg


アドレスとインパクトで手の位置が大きく異なってはミスヒットの

確率が増えてしまいます。

7eff9f69e7e861bc7b19a305b504af65_s_20190401083048951.jpg


アドレスの時に近い手の位置でインパクトを迎えるように

するためには、ダウンスイングのスタートから手を真下へ

下すように動かすのがポイントです。

512233_20190401083129b82.jpg


それによって手が体の近くを通るようになって、ミート率の向上と

飛距離のアップが期待できます。

9bf1be0e5a636e360eeb24b79569d47d_s_2019040108324253c.jpg


手が体の近くを通ることで、体幹と腕や手との連動が可能になって

再現性の高いスイングへの実現に向かえそうです。

ぜひお試しください。









Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

上げた軌道より内側から切り返す

おはようございます、店長ノムラです。

3fd7925e3031aafa80dc4f21686d12ed_s_201903290857205dc.jpg


アベレージゴルファーの多くがスライスボールで飛距離を

ロスしておられるでしょうか。

0e4c5e2acb18d348bfe508da836a5955_s_20190329085804ca0.jpg


ご存知のようにアウトサイドインのスイング軌道がスライスボールの

原因ですが、それを修正するのは簡単ではなさそうです。

先ずはインサイドインのスイング軌道を目指して素振りをします。

161912_201903290858445c4.jpg


素振りですとボールを打とうとの意識が薄れますので、スイング軌道に

集中しやすくなります。

2885be7fd365008b6617337071b53dbe_s_2019032908594541f.jpg


自らの目でインサイドインのスイング軌道でヘッドが走っていることが

確認できます。

インサイドからインパクトに至るスイング軌道を安定させるために、

テークバックからトップに至り、切り返すときに上げてきた軌道より

内側からダウンスイングを開始しますとインサイドインの

スイング軌道に乗りやすくなります。

227536_20190329090036892.jpg


言葉を変えますと、トップからシャフトを少し内側へ倒しながら

ダウンスイングに入るといえるでしょうか。

トップからの切り返しでシャフトを外側へ倒しながらダウンスイングに

入ってしまうのがアウトサイドインの原因となります。

逆の動きをしますので少し時間がかかるでしょうが、内側へシャフトを

倒しながら切り返す動きをお試しください。

d447661ef416099a6c7848a9c4fe7c71_s_20190329090150fed.jpg


ただし、当初はボールが右へ飛び出しやすくなりますので、それまでより

かなり強めのフックグリップにしておくことが大切です。








Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

ショートパットを入れる確率を上げる

おはようございます、店長ノムラです。

2240320ac14049438f1df1d39e71b98b_s_2019032708443527e.jpg


ショートパットを外してしまうほど残念なことはありません。

勿論、ドライバーでのOBやアプローチのザックリも残念ですが、

それらにはまだ挽回の余地があり、ショートパットには

それがありません。

262109f394b16ca35d221a38036ce316_s_20190327084605dc4.jpg


チップインは別として、各ホールの最後のストロークのミスは

次のホールまで持ち越してその日一日を台無しにしてしまう

ことさえあります。

ショートパットを確実にカップインさせるためには、フェースを

正確にカップへ向ける必要があります。

IMG_2059_201903270847115af.jpg


自分では真っ直ぐカップに向けているつもりが、実は向きが

ズレていることがよくあります。

いかに高性能のライフルでも、目標を正確にとらえなければ

標的に当たりません。

me_niha_me_wo_20190327084806f0c.png


しかも自分では正確に向けているとの意識があれば、

本当の原因に辿り着けずに、パッッティングの悩みが深まり、

イップスにもなりかねません。

208781_20190327085003100.jpg


パッティングが上手くいかないとお悩みの方のアドレスとセットアップを

拝見しますと、パターフェースがカップの右や左を向いていることが

よくあります。

17e75056e1367963af48e79c84b9b0c9_s_2019032708504602d.jpg


人間の視力には狂いがあることもありますので、誰かに後ろから

見てもらってフェースの向きが正確かどうかを調べてもらいますと

自分の狂いに一定性があることに気づくかもしれません。

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s_20190327085249e98.jpg


カップに正対するときは正確に見えても、アドレスに入ると

カップを横から見ることによるズレが発生している可能性もあります。

とにかく正確にパターフェースを目標へ向けることに注意を

払う必要がありそうですね。

ちょっとした努力でショートパットが改善すれば、ゴルフの楽しさが

グッと高まりそうです。










Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

風の強い日のゴルフ

おはようございます、店長ノムラです。

815472ab42e16a0880c60d2360f477b9_s_20190314081745afd.jpg


春先は風の強い日がよくありますね。

春に限らず、強弱の差はあれむしろ風の吹かないラウンドの

方が少ないといえるでしょうか。

5b6b6069e25c8cbc944ad25bd7c7a925_s_20190314082038a44.jpg



自然の中で楽しむゴルフですから、風は常にあるものと

考えておきたいですね。

368738_201903140822255a2.jpg


風の影響は向かい風が一番厄介かもしれません。

低い球筋を意識してボールを右寄りに置いて、フォローを

低く止めたりの打ち方も有効ですが、普段からしていない

スイングを急に試しても上手くいく確率は低そうです。

e5ec53435c43588702bed48d75a7b202_s_20190314082306688.jpg


アゲィンストの時に風に負けないように強く打ちますと、むしろ

余計にバックスピンがかかってボールが吹き上がってしまう

ことがよくあります。

9bf1be0e5a636e360eeb24b79569d47d_s_20190314082437f5e.jpg


アイアンでのセカンドショットですと、番手を風の強弱に応じて

上げて、スリークオーターでスイングします。

80cec81c1f990c7df8bb340853f3015b_s_201903140825345dc.jpg


番手を上げてスイングスピードを落とすことでバックスピン量が

減少しますので、風の影響を低減することができます。

また、これは横風の時にも有効です。

b768012420309b225bd05952d7a95330_s_20190314082734384.jpg


練習場で向かい風の時に、何時もなら7番アイアンで届くグリーンを

強振して届かそうとするのではなく、番手を上げて軽く打つ練習で

距離感を養うことも大切です。

973482_20190314082834000.jpg


普段からやっていないことが本番で成功する筈がなさそうです。

強く振ればそれだけバックスピンが増えることを参考にして

風の中のゴルフを楽しみたいですね。









Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 

アプローチこそ体幹を使う

おはようございます、店長ノムラです。

b768012420309b225bd05952d7a95330_s_20190308085720d73.jpg


ドライバーなどの遠くへ飛ばしたいクラブは体幹を使って

スイングすることは納得できるし、事実そのように努めている

ゴルファーもおられるでしょうか。

d447661ef416099a6c7848a9c4fe7c71_s_2019030808583530d.jpg


しかし、キャリーで数メートル打つだけのアプローチでは

どうしても手先でスイングしがちです。

333559_20190308085951b97.jpg


手は極めて器用でかなり複雑な動きも可能ですが、

一定の動きを繰り返すことはそれほど得意ではなさそうです。

また、ダフリを警戒したらトップになったり、プレッシャーの

影響を受けやすい傾向があります。

386680_20190308090311ef1.jpg


それに比べますと体幹は複雑なことはできませんが、

安定して一定の動きを繰り返すことは得意ですし、

プレッシャーにもあまり動じない鈍感さが持ち味でもあります。

9bf1be0e5a636e360eeb24b79569d47d_s_20190308090402fac.jpg


アドレスした時の手首の角度を固定するようにして、

体幹を主体としたアプローチスイングを練習しますと

安定性が向上します。

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s_20190308090459f07.jpg


ダフリを警戒して上手くインパクトすることに気を取られていては

距離感などが疎かになってしまいます。

392756_20190308090602f7b.jpg


体幹でスイングするアプローチを練習しますと、当てることに

集中する必要が減少してカップに寄る確率が向上します。

ぜひお試しください。


Facebookページ作成いたしました。
https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmark
いいね!のクリックしていただければ幸いです

ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 
プロフィール

店長ノムラ

Author:店長ノムラ
いらっしゃいませ!

大変寒い季節になりました。
寒い日のゴルフは辛いものがありますね。
寒さ対策を万全にし、ゴルフを
楽しみたいものですね。

誠に勝手ながら、日曜・祝日を定休日とさせて頂いております。

皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、スウィング診断をはじめ、更なるサービス向上に努めてまいります。
どうぞ変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


新規カテゴリ、「クラブのレビュー2018」を追加しました。
EPON、BALDOなど人気のラインナップをはじめとするインプレッションを行っております。

主要ブランド別記事は、画面右側の「Nomuragolfおすすめブランド記事」からどうぞ!

引き続き、皆さまのクラブ選びのお供となれますように。
お試しになりたいクラブがございましたら、いつでもお越しくださいね。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
QRコード
QR
ノムラゴルフのスウィング診断
    ノムラゴルフのHP特設ページへへ

    リンク先では、ノムラゴルフの「目からウロコのスウィング診断・フィッティング」御利用の流れがご覧いただけます。
主な取り扱いシャフト一覧