南京都のゴルフショップ、ノムラゴルフの店長ノムラが、上達法、お役立ち情報をガンガン配信中! スウィング診断・フィッティングレポもやってます!日曜祝日定休です。

両肘の間隔をキープしたスウィングがベスト

おはようございます、店長ノムラです。

昔からボールは右手で打つとか、いや左手が正しいとか空しい議論が続いてきましたが、

隻腕のゴルファーならいざ知らず、両腕の健在なゴルファーであれば両腕を使うのが

順当ですよね。

imageCAUMA25B.jpg


片腕よりも両腕の方が力も入りますし、方向性のコントロールにも優れています。

ただし、片方の腕がもう一方の腕の妨げになるような動きは禁物であり、

このあたりから、どちらか片方に意識を集中したほうが混乱なくスウィングできるのではと

考えられた結果かもしれません。

しかしせっかく両腕が健在であれば、その両方を使うべきですね。

imageCA3MFPBR_20120705145038.jpg


ただ実際には両腕だけでスウィングが成り立っているわけでもなさそうです。

体の大きな筋肉を主体として、それらの大きな筋肉に従って両腕が連動するように

動くのが大切ではないでしょうか。

決して腕は主体ではありませんが、大きな役割を果たしていることも事実ではあります。

imageCA2FWV43_20120705145252.jpg


アドレスで作った両肘の間隔をスウィングの間中維持しておきますと、トップスウィングで

右肘が浮き上がってその結果シャフトクロスになってしまうことも防げそうです。

両肘の間に適度な大きさのボールを挟んで、そのボールが落ちないようにスウィング

すれば両肘の間隔をキープしたスウィング作りに有効です。

imageCARY1POY.jpg


この練習法で効果的なのは、どちらか片方の腕で打とうとするとてきめんにボールが

落下してしまうことで、両腕の共同作業の必要性が実感できるのではないでしょうか。

できるだけ手で打つ意識を無くして体の大きな筋肉でスウィングし、あとから両腕が

連動してくるという感覚でスウィングしたいですね。

o0394058310396720802_20120705150703.jpg


大きい筋肉はもちろん力持ちですが、あまり器用ではありませんので微妙な動きは

苦手です。

その分同じ動きは得意ですから再現性の高いスウィングにはもってこいのようです。

imageCAYYY0A5.jpg


プレッシャーにも強い、腹筋、背筋、大腿筋などの大きな筋肉を意識して使った

スウィングを目指したいものですね。

スウィングの変化は「目からウロコのスウィング診断」で確認できます。


 ブログランキングに参加しております。
  クリックしていただければ幸いです。

 にほんブログ村 ゴルフブログへ

 
人気ブログランキングへ

 







関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

店長ノムラ

Author:店長ノムラ
いらっしゃいませ!

大変寒い季節になりました。
寒い日のゴルフは辛いものがありますね。
寒さ対策を万全にし、ゴルフを
楽しみたいものですね。

誠に勝手ながら、日曜・祝日を定休日とさせて頂いております。

皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、スウィング診断をはじめ、更なるサービス向上に努めてまいります。
どうぞ変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


新規カテゴリ、「クラブのレビュー2018」を追加しました。
EPON、BALDOなど人気のラインナップをはじめとするインプレッションを行っております。

主要ブランド別記事は、画面右側の「Nomuragolfおすすめブランド記事」からどうぞ!

引き続き、皆さまのクラブ選びのお供となれますように。
お試しになりたいクラブがございましたら、いつでもお越しくださいね。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
QRコード
QR
ノムラゴルフのスウィング診断
    ノムラゴルフのHP特設ページへへ

    リンク先では、ノムラゴルフの「目からウロコのスウィング診断・フィッティング」御利用の流れがご覧いただけます。
主な取り扱いシャフト一覧